Bash on Ubuntu on WindowsでpyenvでFlask

'17/2/16追記*********************************************
公式ドキュメント見たらpyenvがdeprecatedだったので、この記事は完全に参考にならない記事に。
https://docs.python.org/3/library/venv.html

*********************************************

 FlaskでうっすいWebアプリを突貫で作りたかった。デプロイはコンテナでするとして、適当な環境で動きを確認するまでコンテナに入れなくていい。まずてっとりばやくFlaskを動く環境を作りたかった、Pythonは最新の3.6で。なのにWindowsでFlaskがうごかない・・・Bash on Ubuntu on WIndowsがあるじゃない。でもUbuntuのPythonは3.6じゃない。そこでpyenvを使うことにした。ちなみにPythonを始める人はこういう仮想環境構築はせんでいいと思う(参考)。


 まずBashを開く。そして依存ツールのインストール。
$ sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev \

libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev xz-utils


 そしてpyenvのインストール。
$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc


 シェル再起動。
$ exec $SHELL


 今回使いたいPython3.6.0を入れる。
$ pyenv install 3.6.0


 カレントディレクトリで実行されるPythonを3.6.0にする。
$ pyenv local 3.6.0


 あとはpipでflaskを入れて動作確認。

comment: 0