最近行ってきたセミナーが面白かった

 あるクラウドサービスのリリースまでの話をセミナーで聞いてきた。そこで聞いた「ウォーターフォールがベストな選択肢だった」という話が、最近DevOpsを追っているぼくには膝を打つような感覚があったのでメモがてら。

 なぜアジャイルが生まれたのか。これはおそらくビジネスの状況の変化(また場合によってはクライアントの不明瞭さ)により、開発中にも仕様を変更していく必要があったためだ。一方で、サービスリリースを考えたとき、仕様がしっかり固まっているものを描けるならそれに沿ってやっていくのが実はベストなんじゃないかと。
 「設計をしっかりやったから手戻りがなかった」ということを、ウォーターフォールのメリットとしてセミナーで語っていた。設計書をしっかり練って書いて、あとはそれに沿ってクラスを書いていく。そんな工程で手戻りなく開発を進めていけたということだ。こういうことを可能にするような設計って、一般で考えればビジネスも開発も熟知していなければできない。んー、開発と同時にこういう設計できるようになりたい。
 ちなみにリリースが済んでからはアジャイルに移行していったとのこと。とても自然な形だと思う。
comment: 0